家事代行サービスのピタパンおばさんに痴漢したら…

2019年02月20日
出演者:
レーベル名:スターパラダイス
これって雇い主のパワハラなのか!?両親が共働きのため、親父が僕の身の回りの世話をと、家政婦さんを呼んでくれたが、これがまたイイ女で…。忙しそうに掃除や洗濯、料理をしてくれるサービスレディの働く姿を見ていたら、何故かムラムラして…。アッチのサービスをお願いしてみたら、優しくて美人な家政婦さんは拒めない…?

都内ラブホテル盗撮 カップル&熟女デリ風俗編

2019年02月20日
出演者:
レーベル名:スターパラダイス
超小型デジタルカメラを仕掛け性行為の全てをはっきりと盗撮!!「今日もたくさん気持ちよくして」覗かれているとも知らずに服を脱いでいく熟女たち…。ふたりだけの空間で気の向くままにイチャつく…。欲求不満が爆発し、チンポを求める奥様!夫とセックスレスな人妻・熟女のラブホテルでの痴態を完全リアル収録。

よがり泣く完熟おばさんのふしだらな下半身

2019年02月20日
出演者:かをり 千明 ゆず香
レーベル名:スターパラダイス
四十路五十路の敏感すぎる女陰が悶え疼く!!下半身から突き上げる快楽にイキ果てる!!若い男に体中を弄られて女体が嬉し泣きする!!火照った身体から溢れ出すいやらしい匂いが部屋に篭って漂ってきそうな濃厚FUCK!!肉欲にまみれた熟女たちが淫れ狂う!!全9名収録!!

犯された乳デカな妻

2019年02月20日
出演者:中森玲子 相原りお 星咲七花 篠田あゆみ
レーベル名:スターパラダイス
彼女には家族の知らない過去があった。高学歴な銀行員の主人に言えないままの結婚生活からはや2年。苦労して掴んだ人並みの幸せ。いつしか忘れつつある過去の自分…。そんな中、ある男の出現が彼女の暗い過去の記憶を蘇らせ、再び奈落の底へ落とすのであった。(妻/りお)

彼氏の側で寝取られるマッサージ

2019年02月20日
出演者:
レーベル名:スターパラダイス
彼氏にバレるかも…でも凄く気持ちイイ!!施術師の巧みなテクニックに股間を濡らしてしまうイケない女たちの敏感な身体。昂りを我慢できない。「声を出しちゃダメですよ。」感じ始めてしまったオンナたちは、施術師のなすがままにカラダを差し出す…。

家庭訪問に来た熟女教師に性教育の相談をしていたら…

2019年02月20日
出演者:
レーベル名:スターパラダイス
息子の生活指導に家庭訪問に来た先生がエロすぎて…家ではオナニーばっかりしている息子の性の相談などをしていたら…ついムラムラ。勃起したチンポを見せつけたら先生といえどオンナになってしまうんじゃなかろうか?先生も久しぶりのオトコで興奮しちゃってんじゃない?この事に関してはPTAや学校関係者には内密に…また今度も…。

おふくろがノーブラで無防備ババアになってたからヤッた

2019年02月20日
出演者:三季まどか 大里ふみえ 横山紗江子
レーベル名:スターパラダイス
帰省して、久しぶりに再会した母親。すっかり五十路のオバサンになってノーブラで家事したりと、自宅での身だしなみも緩くなってきたようだ。なので大きいおっぱいの先端が薄い布地越しにぽっちりと浮かび上がっているのが見えてしまい、思わず視線がいってしまう。無防備な身体に抱きついてしまう!!

高崎から上京した嫁の母が…爆乳義母 狩野里香 46歳

2019年02月20日
出演者:狩野里香
レーベル名:スターパラダイス
嫁が出産の為に入院してしまった。柄にもなく若い奥さんをもらったおかげで、妻よりもお義母さんの方が年が近いせいなのか、お義母さんに性欲を感じてしまっている。僕の事を完全に息子扱いしている義母は警戒心の欠片も見せずに目の前で着替え、家事をし始めた。マッサージの最中、疲れて寝てしまった義母に思わず悪戯をしたら…。

三重から上京した嫁の母が…四十路義母 汐河佳奈 41歳

2019年02月20日
出演者:汐河佳奈
レーベル名:スターパラダイス
嫁が出産の為に入院するので、嫁の母が家事手伝いをしてくれる為に三重の実家から義父を残してひとりで上京してきてくれた。義母とのふたりきりの生活が始まると、義母の優しい性格、魅力的な体つきに心も体も癒やされてしまう…。まるで自宅のように家事をしてくれてすっかり寛いでくれる義母に、思わず抱きついてしまう!!

ファミレス店員爆乳人妻を研修中にイタズラ 羽生ありさ

2019年02月20日
出演者:羽生ありさ
レーベル名:スターパラダイス
ファミレスの面接にきた人妻さん。顔を見る前に先にその巨乳に釘付け!デカ乳とプリ尻に即採用。ピチピチの制服を着させたらもう…如何わしい事しか考えられない!研修中にリモバイ挿れたり、尻を撫でたりおっぱい揉んだりしたら久しぶりの快感に我慢出来なくなったのか?エスカレートする俺の悪戯に、拒むことが出来なくなってしまった羽生さん…。